沼津在住のイラストレーター ヘレン オフィシャルWebサイトへようこそ!
ヘレンのイラストエッセイ

「半分、青い」が残したもの。

 

……終わりましたね〜「半分、青い」。

しかも。意外とあっさり。(笑)

 

NHKの朝ドラで。

こんなに世の中をいろんな意味で騒がせたのって、

初めてじゃないですかね?

私の周りには、

不満や物足りなさを抱えた人々がいっぱいですが。(笑)

マ〜くんはどうなんねん!?」(これが一番多かった)

「律が40年待ってたって!?よう言うわ!!」

「娘の不登校はどうなってん!!」

「カンちゃんのスケートはどうなってん!?」

・・・とかとか。

(私がまとめると関西弁。笑)

私的には、

リアルタイムで観てなかったのと、

ポイントになる素敵シーンばかり観ていたので、

そこまでの憤りは感じることなく。

律と鈴愛みたく、静かにハッピーな気持ちで終わりました☘。

 

しっかしこのドラマ。

たくさんの変わり種な人物が登場しますが。

わたくし。

その人物設定だけで、

ご飯が軽く三杯は軽く食べられましたね〜🍚🍚🍚🎵

そこは。本当に北川悦吏子マジック✨✨だと思います。

 

特に好きだったのは。

やっぱりこの二人。

「半青」界のジョンとヨーコ。

この出会いだけで良し、としますね。(笑)

そしてこの人。

なんと!!「ブッチャー

が正式名だということに!!!(あだ名だけど)

Instagramに、ブッチャー役の矢本悠馬氏のファンの方からコメント頂いて、初めて知ったという。。。笑

この「何様?」「俺ブチャ〜様✨」的な、

普遍的で、この作品の幸せのシンボル的な人物像にやられました。

そして。個人的には。

間宮君演ずる「涼ちゃん」がいいですね〜〜♫

顔だけでなく。

その場のフィーリングで突き進む

「自分の感覚を信じる」的な、潔くて、あまりにも危うい感じも。

そして。あとでしっかり後悔しそうな行動力も。

彼が一番わかりやすくて共感しました。

 

でもね。

こうなる事もわかってたけれど。

身内は大変よね〜〜。(笑)

 

とりあえず。

放送時も、その後も。世の騒ぎにびっくりしたドラマでした。

こりゃスピンオフ、絶対あるでしょうね〜。

その時はやっぱり。


秋風先生 
と 菱本さんの、


『 壮大で奇想天外な日常生活 

   in New York恋物語編』

でよろしくお願いいたしたいものです🍀

(ほら。やっぱり日本のジョンとヨーコだから。)

 

何はともあれ。なかなか楽しかったです🎵

 

  • メールでお問い合わせはこちら


  • facebook
  • twitter

アーカイブ

 

 

 

 

 

 



  • facebook
  • twitter

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 岸本デザイン研究所 All Rights Reserved.